FC2ブログ

Lune d'eau ~エアグルーヴ一族応援blog

エアグルーヴ一族追っかけ記&カメラの備忘録

戸惑いながら ショパン@オーストラリアT(2018.5.19) (3)

ゴルフのPGAツアーのプレーオフ最終戦であるツアー選手権をT.ウッズ選手が勝ちましたね。
故障に悩まされ、何度も手術し、ゴルフ以外の話題ばかりが目立った時期もありましたが、今年になってツアーに復帰すると、全英OPや全米プロで優勝争いに絡み、完調とは言えないにしてもタイガーが戻ってきたという印象を植え付けてくれました。
それでも、5年もツアー優勝から遠ざかっており、さすがに今シーズンは難しいかと思っていましたが…。
最終戦で勝つところはさすがタイガー、持っている星が違いますね。
歴史に刻まれる復活劇は今後、きっと語り継がれることでしょう。おめでとう、タイガー!

さて、ショパンオーストラリアT(4歳上1000万下)の写真をアップしていくことにしましょう。
今日は「レース」編 vol.1です。
☆☆☆ 【!!】スマホ版のブログでは画像は表示されません。PC版に設定してご覧ください。☆☆☆


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ← ショパンのファンの皆様、エアグルーヴのファンの皆様、応援ぽちをお願いします。

本馬場にショパンが姿が現しました。
パドックで騎乗のなかったM.デムーロJ。気性的なところを考慮して、騎乗のタイミングを遅らせた感じでしょうか?
M.デムーロJとのコンビも13戦目。気がつけば、かなりのレース数になってきましたね。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       本馬場入場     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_a


パドックではいなかった角居師も姿があったようですね。
本馬場入場時にテンションの高い面を見せることが多いショパンですが、この日は落ち着きがあるようにも見えます。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       本馬場入場     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_b


昨秋以降は、安定した成績といえばそうなんでしょうけど、勝利が遠のいてしまっているショパン。
きっかけ一つで、ポンポンと勝利を収めてくれそうな印象はあるんですが、精神面が災いしている感は否めません。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       本馬場入場     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_c


当ブログでは何回か触れているんですが…普段のショパンはリラックスしているように見えても、突然、テンションが上がるところがあって、傍からみていると何が理由かわからないところがありますね。
5歳になって古馬の風格が出てきたといっていいのかどうかはわかりませんが、ファンとしては、年齢的にももう少し落ち着いて欲しいと思っているんですが、落ち着きすぎているショパンも少し心配になってしまいます(苦笑)

前走の潮来特別まで芝の長距離を継続的に使われてきたショパンですが、久々に1800m戦を選択。距離短縮という判断を陣営はしてきました。
デビュー戦の後、集中力が続かないという理由で、M.デムーロJの進言により、2戦目はマイル戦を選択した過去がありますし、そういう面が再びみられる傾向があったのかもしれませんね。

さてレース。
五分のスタートに見えたんですが、うまく追走できずに徐々に後方の位置取りに。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       レース・バックストレッチ     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_d


後ろから2頭めのポジションでのレースとなりました。
ゆったりとしたペースに慣れてきた分、久々の1800m戦ということで戸惑った面もあったのかもしれませんね。特にこの時期の淀の1800m戦は、スピード優位の前残りが多いですし、必ずしもショパンにとって有利とはいいにくい気がします。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       レース・バックストレッチ     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_e


4Fが47.6秒。そこそこ流れてはくれてはいるんですが、後方の位置取りだけにどこでポジションを上げていくのかとても難しいレースになったように思いました。5Fは59.7秒。
勝負所で馬群全体が動き出した際には最後方の13番手になったショパン。
3・4コーナーともに13番手での通過となりました。

京都12R オーストラリアT(3歳上1000万下)       レース・4コーナー     2018.5.19  京都競馬場
Chopin_f


4コーナーで内にスペースはありませんでしたし、大外から前を追いかけました。
直線の入り口では、既に難しいポジションでしたし、勝ち負けというよりは掲示板までこれるかどうか怪しい雰囲気もあり、直線の攻防はかなり厳しいものになりそうだと思いました。

ということで、今日はここまで。

とらにゃん様、今回も貴重なお写真の提供ありがとうございました!!心より御礼申し上げます。
special_thanks_to_toranyan1


web拍手 by FC2
関連記事
ブログ村のランキング参加中です! 励みになりますので、ご訪問の際には1日1回ぽちっとお願いします→にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
  1. 2018/09/26(水) 00:15:10|
  2. [競馬写真]エアグルーヴ産駒
  3. | コメント:0
<<手応え弱く アドマイヤローザ@3歳上500万下(2018.6.17) (5) | ホーム | ルーラーシップ産駒情報 vol.119>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

N.S&にゃんきち

Author:N.S&にゃんきち
アドマイヤグルーヴのデビュー戦(2002.11.10)を皮切りに、エアグルーヴ一族の追っかけを本格化させて16年
デビューした全10頭のエアグルーヴ産駒の初勝利は全て現地で観戦しました。
画質の良い写真を残したいとデジタル一眼レフを手にとって13年
少しでもキレイに残したいと試行錯誤しながら、ファインダーを覗いています。
ある時アドマイヤグルーヴがくれた1枚がきっかけとなり、特にパドックでのグル一族の『カメラ目線』にこだわって撮影しています。(こちらを見つめてくれているような、こちらに意識がきているような写真を理想としています。)
ときどき、競馬専門誌「優駿」に写真を投稿しています(掲載回数5回)。

種牡馬になったルーラーシップザサンデーフサイチ、乗馬として新たな道を踏み出したフォゲッタブルアドマイヤトライ、初年度産駒が生まれた2015年牡馬クラシック二冠馬&2015年度最優秀三歳牡馬であるドゥラメンテ、そして3勝目をあげたショパン、また2勝目を挙げたアドグルの孫アドマイヤローザ、さらには一層の活躍が期待されるサムライハート産駒ルーラーシップ産駒、今年デビューイヤーとなるザサンデーフサイチ産駒
アドグルの血を継いでいくアドマイヤテンバ、アドマイヤセプター、ボージェストら、引退した仔も含めて、ファンの皆さんと一緒に応援していけたらと思います。
そんなN.Sとにゃんきちのカメラの備忘録です。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

馬名別タグ

イチ押しカテゴリ

お勧めカテゴリをランダムでご案内

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

滞在者数

現在の閲覧者数:

管理人からのお願い

このブログに掲載している内容及び画像の無断転用・転載はご容赦ください。
リンクの際は一言ご連絡いただけると幸いです。

検索フォーム

エアグルーヴ産駒いくつになったの

エアグルーヴの孫いくつになったの

リンク

ランキング参加中