FC2ブログ

Lune d'eau ~エアグルーヴ一族応援blog

エアグルーヴ一族追っかけ記&カメラの備忘録

試行錯誤 アドマイヤローザ@3歳上500万下(2018.6.17) (2)

今週末で夏競馬も終了ですね。
そろそろグル一族も帰厩してくれるのではと思っているのですが、なかなか帰厩の報が入ってきません。
セプターの初仔ラディアントパレスはデビューの情報は入ってきませんし、秋競馬が始まってもしばらくはのんびりモードになるかもしれません。

さて、アドマイヤローザ3歳上500万下(2018.6.17)の写真をアップしていくことにしましょう。
今日は「パドック」編 vol.2です。
☆☆☆ 【!!】スマホ版のブログでは画像は表示されません。PC版に設定してご覧ください。☆☆☆


パドック中盤ですね。

馬具が変わっているということは、パドックでの様子も変わる可能性があります。
序盤はそれほど感じませんでしたが、こちらも試行錯誤しなければなりません。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_a


序盤は頭を高めにしてくれていたローザでしたが、中盤以降は頭が下がり気味に周回するようになってきました。
再三書いていますが、阪神で頭を下げられると、写真としては厳しくなってしまいます。
油断するとローザの顔にラチがかかる写真を量産してしまいそうで、そのへんは細心の注意を払ってシャッターを切り進めていきました。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_b


夏を思わせる暑さの中で、お天気にも恵まれていました。
ローザは芦毛ですから、露出のコントロールも大事ですね。競馬写真を撮り始めて間もなくは、芦毛や明るい栗毛は撮りやすいイメージが強かったんですが、芦毛の仔には芦毛特有の難しさを感じます。

パドックのラチを超えそうなくらい顔を外に向けるローザ。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_c


阪神競馬場ではよく見かけるシーンですね。これまでも何回が撮影できたシーンでもありますし、ローザが外めを歩いているのを実感できるカットかと思います。
この日のパドックはこれまで同様に外め外めを周回していて、キビキビと歩けていましたし、スピード感がありましたから、すごくいい印象を持ちました。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_d


ローザの場合、京都に比べると阪神では少し撮り難しさを感じることが多かったんですが、この日はこれまでの阪神競馬場での出走時と比べて撮りやすい印象はありましたね。ローザらしさをとても感じられるシーンが多く、ラチさえ回避できれば、屈指の撮影機会になりそうな予感もありました。

パドック中盤の瞳のトリミングです。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_e


「パドック」編 vol.1で、今回は、リングビットが使用されていた点に触れました。
気性的に課題を抱える仔が多いグル一族にあっては、これまでも各馬の陣営が試行錯誤されてきたかと思うんですが、当ブログではあまり触れる機会はなかったかと思います。私達の勉強不足に起因しているわけですが、このへんは改めて勉強したいと思っているところです。

ちなみに、二冠馬ドゥラメンテはある時期からビットを変更したことで、コントロール性が上がったと言われていますね。
そのへんについてはかつて調べたことがあったんですが、「ウルトラビット」というものだったらしいです。(価格が高かったことに驚きましたが…)
「銅製のために馬が甘みを感じて…」「手綱を引いた際に敏感な舌を強く押してしまうことがない。」「舌の触覚機能を利用しているため、正確な指示を送ることができる。」…なんて説明も見ましたが、ビットひとつでもかなり奥が深いですね。

余談はさておき…

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_f


パドックの後半では、多くの時間がラチとの格闘でした。
愛らしい仔は顔にラチがかかっても愛らしいことに変わりはないのかもしれませんが…私達としては拘っていきたいポイントの一つですね。

パドック周回中にローザの内側を歩いていた担当助手さんが外側に移動。
過去にも同様のことはありましたし、今回もローザのテンションに対応するためでしょうか。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_g


目に見えて、テンションが高いという感じではありませんでしたし、普段通りの落ち着いたパドック周回だったように感じていたんですが、私達にはわからないところで色々とあったのかもしれません。

阪神8R 3歳500万下        パドック       2018.6.17  阪神競馬場
Admire_Rosa_h


序盤から中盤にかけて、難しい時間のなかにも、ローザらしさが出た撮り応えのある時間がたくさんあって、撮影に集中できる楽しい撮影機会だったといえますね。

今日はここまで。
web拍手 by FC2
関連記事
ブログ村のランキング参加中です! 励みになりますので、ご訪問の際には1日1回ぽちっとお願いします→にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
  1. 2018/08/27(月) 00:17:05|
  2. [競馬写真]アドマイヤテンバ産駒
  3. | コメント:0
<<重なる面影 アドマイヤローザ@3歳上500万下(2018.6.17) (3) | ホーム | サムライハート産駒情報 vol.367>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

N.S&にゃんきち

Author:N.S&にゃんきち
アドマイヤグルーヴのデビュー戦(2002.11.10)を皮切りに、エアグルーヴ一族の追っかけを本格化させて15年
デビューした全10頭のエアグルーヴ産駒の初勝利は全て現地で観戦しました。
画質の良い写真を残したいとデジタル一眼レフを手にとって13年
少しでもキレイに残したいと試行錯誤しながら、ファインダーを覗いています。
ある時アドマイヤグルーヴがくれた1枚がきっかけとなり、特にパドックでのグル一族の『カメラ目線』にこだわって撮影しています。(こちらを見つめてくれているような、こちらに意識がきているような写真を理想としています。)
ときどき、競馬専門誌「優駿」に写真を投稿しています(掲載回数5回)。

種牡馬になったルーラーシップザサンデーフサイチ、乗馬として新たな道を踏み出したフォゲッタブルアドマイヤトライ、初年度産駒が生まれた2015年牡馬クラシック二冠馬&2015年度最優秀三歳牡馬であるドゥラメンテ、そして3勝目をあげたショパン、また2勝目を挙げたアドグルの孫アドマイヤローザ、さらには一層の活躍が期待されるサムライハート産駒ルーラーシップ産駒、今年デビューイヤーとなるザサンデーフサイチ産駒
アドグルの血を継いでいくアドマイヤテンバ、アドマイヤセプター、ボージェストら、引退した仔も含めて、ファンの皆さんと一緒に応援していけたらと思います。
そんなN.Sとにゃんきちのカメラの備忘録です。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

馬名別タグ

イチ押しカテゴリ

お勧めカテゴリをランダムでご案内

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

滞在者数

現在の閲覧者数:

管理人からのお願い

このブログに掲載している内容及び画像の無断転用・転載はご容赦ください。
リンクの際は一言ご連絡いただけると幸いです。

検索フォーム

エアグルーヴ産駒いくつになったの

エアグルーヴの孫いくつになったの

リンク

ランキング参加中

人気記事