FC2ブログ

Lune d'eau ~エアグルーヴ一族応援blog

エアグルーヴ一族追っかけ記&カメラの備忘録

雨に霞む ショパン@琵琶湖特別(2018.2.10) (5)

来年から降級制度がなくなりますが、それに伴いレース条件の呼称も変更になると発表されましたね。
500万下が1勝クラス、1000万下が2勝クラス、1600万下が3勝クラスとなるそうなのですが、なんだかイマイチ感があると言いましょうか…。
少なくとも来年の古馬(5歳以上)のなかには今年までに降級している馬がいるわけなので、ショパンを例にとると、3勝していますが、2勝クラスとなるので、現状とずれるので却ってわかりにくい感じがします。
ちょっと慣れるまでには時間がかかりそうですね。

ショパン琵琶湖特別(2018.2.10)の写真をアップしていくことにしましょう。
今日は「レース」編 vol.2です。
☆☆☆ 【!!】スマホ版のブログでは画像は表示されません。PC版に設定してご覧ください。☆☆☆



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ← ショパンのファンの皆様、エアグルーヴのファンの皆様、応援ぽちをお願いします。

レースの続きですね。
2コーナーも引き続き、8番手で通過。
サイモンラムセスがいいペースで逃げていましたから、馬場を考慮しても、そんなに遅いペースにはならないだろうと思いました。
ポジション的にもなかなかいいところでレースを進めている気がしましたね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・バックストレッチ     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


5Fの通過タイムは62.8秒。馬場状態を考えると、そこそこのペースだった印象ですね。隊列にも大きな変化はありませんでした。
3コーナーも8番手で通過。
残り4Fくらいで、各馬が動き始めました。
ショパンも動いて、馬群の外を回して、前を追いかけました。4コーナーでは6番手まで浮上していましたね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


ショパンとムーヴザワールドが外からいい脚を使いそうな感じがしました。
1番人気のムーヴザワールドが当面のライバルという感じで注視していたわけですが、4コーナーでは同じような位置にいましたし、ムーヴザワールドがショパンの外側にいましたから、撮影という点からもかなり気になりました。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


ムーヴザワールドがこの馬場をものともせずにすごい脚で伸びてきました。
ショパンは案外伸びずというか、少し置いて行かれてしまいました。
ショパンとムーヴザワールドが併せる形になって、位置取りからショパンがブラインドになるのが濃厚と思っていましたが、あっけなくそれは回避されました。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


クリアな視界で撮影できるのは嬉しいんですが、抵抗するまもなく交わされていくショパンの姿を見せつけられるのは正直複雑でした。それでも、気を取り直して、ショパンにフォーカスし続けました。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


サイモンラムセスがまだ粘っていましたが、徐々に差が詰まってきました。
4コーナーで内の経済コースを通ってきた、グル一族のサトノリュウガも馬場の内側を鋭く伸びて、上位争いに加わる感じでしたね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


サトノリュウガは鞍上がR.ムーアJ。後方で脚をしっかり溜めて、直線しっかりと脚を伸ばしてきた印象でした。
同門対決は本当に複雑な気分ですね。勝負の世界なので、はっきりと勝ち負けがついてしまいますし、2頭のどちらにも勝たせてあげたいという気持ちになるのはファンとして仕方ないところですからね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


ムーヴザワールドが直線で弾けて先頭に。サトノリュウガとショパンによる2着争いが濃厚となりました。
サトノリュウガは前走の睦月賞で2着に入りましたし、1000万下クラスでもやれるところを見せていましたし、なかなか手強いライバルになってきました。
使われてきたサトノリュウガと休養明け初戦のショパンでしたから、少し勢いにも差がありましたかね?

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       レース・直線     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_a


サトノリュウガに次ぐ3着でショパンがゴール板を通過。
ショパンには向いた馬場と思われたんですが、昨秋以来の善戦どまりに終止符を打つことはできませんでした。

こちらではアップしていませんが、最後の直線でショパンとサトノリュウガが内外離れながらも併走している姿が撮影できていました。ちょっと嬉しかったですね。

ということで、今日はここまで。

web拍手 by FC2
関連記事
ブログ村のランキング参加中です! 励みになりますので、ご訪問の際には1日1回ぽちっとお願いします→にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
  1. 2018/06/26(火) 00:58:55|
  2. [競馬写真]エアグルーヴ産駒
  3. | コメント:0
<<やまない雪 ポルトドートウィユ@飛鳥S(2018.1.28) (3) | ホーム | なんとか最後まで アドマイヤローザ@糺の森特別(2018.4.29) (5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

N.S&にゃんきち

Author:N.S&にゃんきち
アドマイヤグルーヴのデビュー戦(2002.11.10)を皮切りに、エアグルーヴ一族の追っかけを本格化させて15年
デビューした全10頭のエアグルーヴ産駒の初勝利は全て現地で観戦しました。
画質の良い写真を残したいとデジタル一眼レフを手にとって13年
少しでもキレイに残したいと試行錯誤しながら、ファインダーを覗いています。
ある時アドマイヤグルーヴがくれた1枚がきっかけとなり、特にパドックでのグル一族の『カメラ目線』にこだわって撮影しています。(こちらを見つめてくれているような、こちらに意識がきているような写真を理想としています。)
ときどき、競馬専門誌「優駿」に写真を投稿しています(掲載回数5回)。

種牡馬になったルーラーシップザサンデーフサイチ、乗馬として新たな道を踏み出したフォゲッタブルアドマイヤトライ、初年度産駒が生まれた2015年牡馬クラシック二冠馬&2015年度最優秀三歳牡馬であるドゥラメンテ、そして3勝目をあげたショパン、また2勝目を挙げたアドグルの孫アドマイヤローザ、さらには一層の活躍が期待されるサムライハート産駒ルーラーシップ産駒、今年デビューイヤーとなるザサンデーフサイチ産駒
アドグルの血を継いでいくアドマイヤテンバ、アドマイヤセプター、ボージェストら、引退した仔も含めて、ファンの皆さんと一緒に応援していけたらと思います。
そんなN.Sとにゃんきちのカメラの備忘録です。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

馬名別タグ

イチ押しカテゴリ

お勧めカテゴリをランダムでご案内

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

滞在者数

現在の閲覧者数:

管理人からのお願い

このブログに掲載している内容及び画像の無断転用・転載はご容赦ください。
リンクの際は一言ご連絡いただけると幸いです。

検索フォーム

エアグルーヴ産駒いくつになったの

エアグルーヴの孫いくつになったの

リンク

ランキング参加中

人気記事