FC2ブログ

Lune d'eau ~エアグルーヴ一族応援blog

エアグルーヴ一族追っかけ記&カメラの備忘録

我慢の時 ショパン@琵琶湖特別(2018.2.10) (3)

先週末は、ヨーロッパで主要なクラシックと位置付けられるレースが行われました。
特に英・仏のダービーにはDI産駒が出走。日本での注目も高かったですね。
英のDerby StakesではSaxon Warriorが断然の1番人気に支持されましたが、4着。仏のPrix du Jockey ClubではStudy Of Manが見事に勝利を収めました。
日本生産馬の産駒が世界のクラシック戦線で活躍というのは、ほんの10年くらい前では考えられませんでした。
エアグルーヴの血をひく種牡馬達の産駒が世界の舞台で活躍する日も、遠くはないのかもしれませんね。

さて、かなり更新が遅れていて既に回顧的になってしまうんですが、
ショパン琵琶湖特別(2018.2.10)の写真をアップしていくことにしましょう。
今日は「パドック」編 vol.3です。
☆☆☆ 【!!】スマホ版のブログでは画像は表示されません。PC版に設定してご覧ください。☆☆☆


パドック終盤ですね。
停止命令がかかりました。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


降りやまない雨の中、頑張って撮影してきましたが、この頃になると疲労困憊でしたね。
あまりに雨がきつい場合には、撮影を中断することも念頭に置いているんですが、ショパンが頑張って歩いてくれていたことを考えると中断はできませんでしたね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


この日のショパンは単勝オッズ3.6倍の2番人気の支持を得ていました。昨年の秋の京都での3戦が2着→2着→4着でしたし、得意な条件でしたから、今度こそという期待はありましたね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


雨の撮影では、個人的にいくつかの課題があるんですが、この日はそこそこ課題をクリアできていたように思います。
機材的なアドバンテージがなくなるこういう場面でこそ、基本に忠実にという気持ちではいるんですが、常にそれを意識してとなると、無駄に撮影経験が伸びた現在でも足りない面がでてきてしまいますね。
撮影の奥深さを改めて痛感します。

パドック終盤の瞳のトリミングです。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


画質的にはかなり厳しくなってしまいました。
少しでもショパンらしさが写真に現れてるといいんですが…。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


重・不良馬場で勝利を挙げていることから道悪巧者との評価もあるとは思うんですが、実際のところはどうなんでしょう?
その点においては、全兄のルーラーシップもそういうところがありました。
ただルーラーシップとの違いは高速馬場への対応という点で、いくらか程度のちがいがありそうな気がしています。いくらかショパンは高速馬場への対応に難がありますね。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


再びパドック周回へ。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


終始パドックでは適度に気合乗りがしていたと思います。
もう少し落ち着きがでてもいいかなと思うことはあるんですが、普段でもちょっとテンションが高いところがありますから、仕方ないところはあるのかもしれません。

京都10R 琵琶湖特別(3歳上1000万下)       パドック     2018.2.10  京都競馬場
Chopin_


ショパンには京都スペシャルといえるようなチャンスがある時にはあるんですが、この日はそのポイントは不発でしたね。
またの機会に期待して、ショパンがパドックから出て行くのを見届けて、私達も本馬場へと移動を開始しました。

ということで、今日はここまで。


web拍手 by FC2
関連記事
ブログ村のランキング参加中です! 励みになりますので、ご訪問の際には1日1回ぽちっとお願いします→にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
  1. 2018/06/05(火) 00:15:23|
  2. [競馬写真]エアグルーヴ産駒
  3. | コメント:0
<<サムライハート産駒情報 vol.356 | ホーム | 強い陽射しのもとで アドマイヤローザ@糺の森特別(2018.4.29) (2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

N.S&にゃんきち

Author:N.S&にゃんきち
アドマイヤグルーヴのデビュー戦(2002.11.10)を皮切りに、エアグルーヴ一族の追っかけを本格化させて15年
デビューした全10頭のエアグルーヴ産駒の初勝利は全て現地で観戦しました。
画質の良い写真を残したいとデジタル一眼レフを手にとって13年
少しでもキレイに残したいと試行錯誤しながら、ファインダーを覗いています。
ある時アドマイヤグルーヴがくれた1枚がきっかけとなり、特にパドックでのグル一族の『カメラ目線』にこだわって撮影しています。(こちらを見つめてくれているような、こちらに意識がきているような写真を理想としています。)
ときどき、競馬専門誌「優駿」に写真を投稿しています(掲載回数5回)。

種牡馬になったルーラーシップザサンデーフサイチ、乗馬として新たな道を踏み出したフォゲッタブルアドマイヤトライ、初年度産駒が生まれた2015年牡馬クラシック二冠馬&2015年度最優秀三歳牡馬であるドゥラメンテ、そして3勝目をあげたショパン、また2勝目を挙げたアドグルの孫アドマイヤローザ、さらには一層の活躍が期待されるサムライハート産駒ルーラーシップ産駒、今年デビューイヤーとなるザサンデーフサイチ産駒
アドグルの血を継いでいくアドマイヤテンバ、アドマイヤセプター、ボージェストら、引退した仔も含めて、ファンの皆さんと一緒に応援していけたらと思います。
そんなN.Sとにゃんきちのカメラの備忘録です。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

馬名別タグ

イチ押しカテゴリ

お勧めカテゴリをランダムでご案内

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

滞在者数

現在の閲覧者数:

管理人からのお願い

このブログに掲載している内容及び画像の無断転用・転載はご容赦ください。
リンクの際は一言ご連絡いただけると幸いです。

検索フォーム

エアグルーヴ産駒いくつになったの

エアグルーヴの孫いくつになったの

リンク

ランキング参加中

人気記事